PolySwarm Nectar (NCT) トークン販売

PolySwarmはセキュリティ専門家が消費者を守るために競争してマルウェア対策エンジンを構築できるようにする世界初の分散型マーケットプレイスです。

2月20日一般販売開始
一般販売は3月22日に終了
00
時間
00
00
00

2月20日販売開始
3月22日の販売終了
Funding*
Discount
*ボーナスレベルは受け取った総ETHの米ドル価格に基づきます
37,604 NCT/ETH 20% ボーナス 1
34,471 NCT/ETH 10% ボーナス 2
32,904 NCT/ETH 5% ボーナス 3
31,337 NCT/ETH 0% ボーナス 4
終了

レベル1(最小限の資金調達)

エンジニアリング

  • PolySwarmの主な機能:報奨金&オファー
  • アーチファクトの押し出しとアサーションの引き出しに利用するリファレンスライブラリー
  • コントラクトとのやりとりをするリファレンスワーカー(自立した専門家)
  • 評判のトラッキングとツーリングのリファレンス
  • 安定版リリースの前に利用を促す、無料の「蛇口」としてウェブイターフェース& API for artifact PolySwarming during development;機能をホスト。 この蛇口はSwarm TechnologiesのNectar (NCT) の積み立て、またはリリース前NCTを使用します。これは安定版のリリースでは使用できなくなります。
  • 紹介システム:Swarm TechnologiesのNCTの積み立てからボーナスを支払われるボーナスを受け取っている紹介者と、被紹介者のアクティビティを元に紹介コードが発行されます。
  • 資料

研究

  • LangSecコミュニティと協力して、PolySwarmされる可能性の高い一般的なファイルタイプ向けの「安全」なパーサーの開発を促進。 PolySwarmされた様々なファイルをタイプ別に分類したデータ等の統計データを提供。

コミュニケーション&マーケティング

  • 自社内でコミュニケーションを継続的に処理

法務

  • 必要に応じて法務を外部委託する。

事業開発

  • 既存のSwarm Technologies, Incチームが技術的なこと以外を全て管理する。
  • 必要に応じてパートタイムの中国人コンサルタントを雇用して、素材、資料等の翻訳を行う。
  • 無償提供されている脅威フィードの管理者に、フィードにPolySwarmインテリジェンスを含めてもらうように交渉する。(例:GoogleのSafe Browsing & MicrosoftのSmartScreen

教育

  • 簡単なオンラインチュートリアルをクリエイティブ・コモンズによって作成
(X) 閉じる

レベル2

    レベル2にはレベル1の成果物が全て含まれます

    エンジニアリング

    • 報奨金と結果を追跡するモバイルアプリ
    • 動的解析のサポート:URLスキャン(動的解析のエクスプロイト/ペイロード検出)、Cuckooサンドボックスとの統合
    • Webメールの添付ファイルをPolySwarmするためのChromeブラウザプラグイン
    • 添付ファイルをPolySwarmするためのエクスチェンジサーバープラグイン
    • ユーザーのダウンロードフォルダーを監視し、PolySwarmするリファレンスウィンドウエージェント
    • 分散型ストレージの統合&アーチファクトのアーカイブ保存(例:IPFS)

    研究

    • 頻繁に悪質であると判断されるファイルタイプについて、オープンソースでLangSecに準拠したパーサーに対して公開の報奨金を提示し、競争を促す。
    • PolySwarmされる可能性の高いファイルフォーマットのLangSecで「安全」なパーサーをLangSecの管理人に開発してもらうように資金を提供する。 このパーサーをオープンソース化し、専門家による採用を促す。

    コミュニケーション&マーケティング

    • コミュニケーションのためのコンサルティング会社を採用する。
    • 対象者が多い地域(サンフランシスコ/ベイエリア、ボストン、オースティン、スイス、東ヨーロッパ、アジアなど)でPolySwarmマーケットのミートアップを開催。
    • オンライン雑誌に弊社がスポンサーとなる記事や広報資料を掲載し、スマートコントラクトに基づいたマーケットの知識を世間に広め、PolySwarmの利用を促す。

    法務

    • 必要に応じて法務を外部委託する。

    事業開発

    • ベンダーやサービスプロバイダーとの連携をアシストする専任のマネジメントコンサルタントを採用する。
    • 英語のコミュニティを管理する専任のマネジャーを採用する。
    • 必要に応じてパートタイムの中国人コンサルタントを雇用して、素材、資料等の翻訳を行う。
    • インシデント対応製品のメーカーとPolySwarmとの連携、共同プロモーション&ブランディングについて交渉する。(例:Basis TechnologiesのCyber Triage)

    教育

    • PolySwarmエコシステム向けのライブラリー、言語バインディングやワーカーの開発に対して奨学金を提供し、専門家やアンバサダーの参入障壁を低くする。
    • Insight Data Scienceと協力し、脅威分析のカリキュラムを作成。
(X) 閉じる

レベル3

    レベル3にレベル2の全ての成果物が含まれます。

    エンジニアリング

    • SGXまたは部分的準同型暗号に基づいた、機密性を保ったPolySwarmの実行
    • 専門家 (LangSec) が利用する「安全な」パーサーのリファレンスライブラリー
    • 評判を保つため、AV comparatives/VirusTotalの比較ツールの実装をリファレンス

    研究

    • 機能を保ちつつ、アーチファクトの機密性を提供する為に、PHE、SGXおよびその他の類似した不透明なコンピュテーション技術の研究と適用に対して資金援助する。

    コミュニケーション&マーケティング

    • 様々な情報セキュリティのカンファレンスに資金援助して、セキュリティ専門家をPolySwarmに惹きつける。
    • 情報セキュリティのカンファレンス(DEFCONなど)やPolySwarmのミートアップで「ハッカソン」に資金援助する。

    法務

    • 顧問弁護士を採用する。
    • 公的機関の脅威インテリジェンスソリューションとしてPolySwarmマーケットを活用するよう地方自治体に働きかけ、納税者により優れたリットをもたらすよう促す。

    事業開発

    • ベンダーやサービスプロバイダーとの連携をアシストする専任のマネジメントコンサルタントを採用する。
    • 英語&中国語コミュニティの管理をする専任のマネジャーを採用する。
    • 既存の脅威インテリジェンス会社とPolySwarmとの連携(例:アンチウイルスソフト、IDS、IPS、次世代エンドポイント)を交渉する。
    • MicrosoftのSGXを利用したAzureインスタンス上に機密のPolySwarm報奨金プリミティブを実装し、Microsoftと共同プロモーション&ブランディングの機会創出について交渉する。
(X) 閉じる

レベル4(野心的な資金調達)

    レベル4にはレベル3の全ての成果物が含まれます。

    エンジニアリング

    • PolySwarmアーチファクトに対してインラインで展開できる、既存のIDS/IPSボックスを補足する「パッケージ化されたPolySwarm」をオープンソース化/設計する。
    • PolySwarmと連携したAndroidのアンチウイルスソフトをオープンソース化

    研究

    • IEEE S&PでのLangSecワークショップを資金援助して、LangSecに準拠した「安全」なパーサーに対して公開報奨金を提示する。
    • LangSecパーサーの正式な検証に対して資金援助する。

    コミュニケーション&マーケティング

    • 専門家、アンバサダー、脅威インテリジェンスサービスを提供する会社を対象に、1年に一度PolySwarmカンファレンス(「SwarmCon」)を主催する。

    法務

    • 追加の常勤顧問弁護士を雇用
    • 正式に認証されたスマートコントラクトを法的効力のある契約として利用するように地方自治体に働きかける。

    事業開発

    • PolySwarmが最も広く利用される地域・言語(アメリカ、ヨーロッパ、アジア)に特化した事業開発担当の人材を若手、ベテランの両方から雇用する。
    • 北京語、中華圏だけでなく、言語・文化圏に合わせて専任のコミュニティマネージャーを雇用する。
    • PolySwarmとの連携をアプリストアに交渉し、共同プロモーション・ブランディングを強化する(Amazon、Baidu、F-Droid、Google、Appleなど)
    • PolySwarmによって得られた脅威データをサイバー保険に対するデータとして使用し、コストを削減する可能性を探る

    教育

    • PolySwarmをベースにした脅威解析の教育用ソフトウェアの開発
    • 世界初のトークン化されたオープンアクセスの認証プロセスを開発・オープンソース化する。
    • スタンフォードやMITの講義形式で全素材をCCライセンスのもとで公開する。
(X) 閉じる
資金調達レベルの六角形の各アイコンをクリックすると、それぞれの成果物が表示されます。全ての成果物は蓄積されます。

私達が解決する課題

数十億円産業(年間)
$8 Billion Industry
Cost コスト

3兆ドルのコスト*

Cost 対象範囲が限定的

脅威の70%は検知されない***

Cost IT専門家の不足とコスト

2021年までに350万人のサイバーセキュリティ専門家不足****

Cost 遅い対応

攻撃の解決時間は33%増大**

Cost 対象範囲の重複

最終消費者と企業への競合社の「ワンパターン」な製品と重複

Cost 増え続ける問題

サイバー犯罪に対するコストは2015年から2021年までで3兆ドルから6兆ドルに倍増する見込み*

*サイバーセキュリティのベンチャー企業
**Ponemon Institute
***Merrill Lynch
****Gartner
PolySwarm Logo

ビットコインをイメージして下さい。ただし、マイニングの代わりに世界中のアンチマルウェア専門家が集結して、最善のかたちで現在の脅威を検知するために競い合います。

現在、世界のアンチウイルスとサイバー脅威自動イン テリジェンス市場は年間85億ドルにおよぶと言われています。PolySwarm はこの市場に生まれるイノベーションを加速することを目的として、マルウェアをリアルタイムかつ正確に検出する脅威インテリジェンスの各活動に対して、経済的なインセンティブを提供します。

幅広い対応範囲、より高い精度
分散型
自動化
オーダーメイドのサービス
クラウドソーシング

比較対象

アンチウイルス* PolySwarm VirusTotal
分散型 いいえ はい いいえ
クラウドソーシング いいえ はい 限定的
アーチファクト当りのコスト
対象となる脅威 限定的 広範 限定的
アウトプット容量
リアルタイム分析 いいえ
すばやい対応 遅い 速い 該当なし
相互運用可能 いいえ はい 該当なし
*従来型のシグネチャーをベースにしたウイルス対策

PolySwarmのファン

「ブロックチェーン技術を応用してグローバルセキュリティのニーズに応えるというスティブ・バッシの情熱によって業界が一変する可能性があります」

このスタートアップ企業がセキュリティにおいてブロックチェーンにどのような大改革をもたらしつつあるか
Huffington Post

「最も単純なケースでは、誰でもSwarmを通じてサンプルを提出して「これは悪質ですか?」とたずねることができます。また、結果として得る情報に「報奨金」を提示することもできます」

ブロックチェーンはサイバーセキュリティのために何ができるか
McAfee

「今日のウイルス対策会社の構造が最大限の顧客ベースを得ようとして、最も広く使用されているソフトウェアに対する脅威の追跡に動機を与えているという状況にあるなか、非常に新しい試みです」

アンチウイルスのトークンとは? PolyswarmはICOでより安全なインターネットを追求しています
CoinDesk

オールスターチーム

PolySwarmチームは業界で数十年の経験を持つ評価の高いセキュリティ専門家グループで、アメリカ合衆国国土安全保障省 (DHS)のための最新のブロックチェーンベースのアイデンティティ管理プロジェクト、米国国防高等研究計画局 (DARPA) のためのプロジェクト、Fortune 100に名前を連ねる企業から委託を受けています。

スティープ・バッシー (Steve Bassi)
最高技術責任者、開発者、創立者

DARPAからFortune 500までの顧客を抱えるNarf Industriesの創立者。

ポール・マカウスキー (Paul Makowski)
最高技術責任者、開発者、共同設業者

脆弱性研究と暗号法の専門家でブロックチェーンについて幅広い経験を持つ。

ベン・シュミット (Ben Schmidt)
プロダクトセキュリティディレクター、開発者、共同設立者

今までに広く使用されている製品において何百もの脆弱性を指摘。

ニック・デービス (Nick Davis)
最高執行責任者、デベロッパー、共同創立者

実世界の大規模なデジタルフォレンジクスの世界で企業チームを率いてきた経験を豊富に持つ。

マックス・クー (Max Koo)
シニアバックエンドデベロッパー、共同創立者

セキュリティソフトウェアエンジニアリング、脆弱性解析、デジタルフォレンジクス、リバースエンジニアリングにおいて9年の経験あり。

エイドリアン・エスキュード (Adrian Escude)
最高マーケティング責任者 (CMO)

Fortune 100に名前を連ねる企業におけるマーケティング、デジタル分析、商品管理の専門家。

ビル・フェール (Bill Fehr)
事業開発&パートナーシップ統括責任者

ビジネス開発とマーケティングの専門家。技術サービス営業の経歴を持つ。

エブリン・ヒトプロス(Evelyn Hytopoulos)
主任エコノミスト兼データ科学者

経済、ビッグデータ、高度分析の専門家で、国際的に様々な業界での経験を持つ。

ジェシカ・シーフェルス(Jessica Thiefels)
コミュニティマネージャー

Virgin、Forbes、Business Insiderなど世界の500を超えるウェブサイトの作成に貢献。

コードを確認する

What are People Saying About PolySwarm?

“I’m thrilled to be working with PolySwarm because they’re uniquely addressing an important issue in cyber security”

Mark Tonesen
Former CIO, McAfee

"PolySwarm is one of the most interesting ICOs to me personally. I'm excited to help PolySwarm build and secure tomorrow's threat intelligence market."

Dan Guido
CEO of Trail of Bits

トークン販売進行の割り当て

PolySwarmのユーティリティトークンであるNectar (「NCT」) の販売から得たETHは次の方法で割り当てられる予定です。

プロトコルとソフトウェア開発
54.51%
マーケティング
13.62%
税務
10.32%
事務経費
3%
運営上の諸経費
4.06%

トークン販売の詳細

開始
2018年2月20日 19:00 UTC
終了
2018年3月22日 19:00 UTC
上限
50,000,000米ドル相当のNCT。 NCTの合計数は、ETH/NCT為替レートに基づきます。 ETHの価値は、セール開始時に決まります。
最低拠出額
100米ドル相当のETH
トークン
NCT(ERC20)
為替レート
1 ETH = 31,337 NCT
支払方法
ETH
禁止参加者
すべての米国市民および米国居住者、ならびにトークンセール契約セクション12に記載のその他の者。