PolySwarm

Binary Ninja、PolySwarm エコシステムのセキュリティー専門家に分析とソフトウェアの機能を提供

プエルトリコ、サンフアン – 2018 年 2 月 - 分散型 IT セキュリティー・マーケットプレイスの PolySwarm (polyswarm.io) は本日、リバース・エンジニアリング・プラットフォームである Binary Ninja (binary.ninja) を開発している Vector 35 との提携を発表しました。 この提携により、PolySwarm で Binary Ninja の開発がサポートされ、Binary Ninja の世界的に認められた分析機能が PolySwarm エコシステムのセキュリティー専門家に提供されることになります。

Vector 35 の共同創立者のジョーダン・ウィーンズ氏は次のように述べています。「この提携により、Binary Ninja が世界で最も価値がある最先端のリバース・エンジニアリング・プラットフォームになる支援をすることに PolySwarm が強い関心を持っていることが示されました。」

PolySwarm の最高経営責任者のスティーブ・バッシは次のように述べています。「Vector 35 と連携して Binary Ninja を PolySwarm エコシステムに導入することをうれしく思っております。 この提携により、セキュリティー専門家に提供しているツールセットを強化できます。結果として、セキュリティー専門家は、マルウェアの分析やユーザーの保護により多くの時間を費やせるようになります。」

マルウェア・サンプルのアップロードに対して Nectar トークンでセキュリティー専門家に報酬を与える PolySwarm のマルウェア報奨金制度の一環として、5,000 トークンを最初に獲得した 100 人のセキュリティー専門家に Binary Ninja の学生用ライセンスが付与されます。 数千ドルの価値があるトークンが、300,000 米ドルの報酬資金から毎日付与されています。

現在のウイルス対策や IT セキュリティー市場では、新たな脅威に対しては無力であることが多い単一ベンダーによる製品・サービスが多数派を占めています。 PolySwarm は、情報セキュリティー専門家のグローバル・コミュニティーにインセンティブを提供して、85 億ドル規模のサイバー脅威インテリジェンス業界を再構築しています。これにより、比類のない脅威検出の速度と精度が企業や消費者にもたらされます。 このマーケットでは、革新と競争を促進するプラットフォームを導入して、ユーザーを最も保護できた専門家に報酬を与えます。

PolySwarm の創立者は、米国国土安全保障省のためのブロックチェーンをベースにしたアイデンティティー管理プロジェクトや米国国防高等研究計画局 (DARPA) のための最先端の情報セキュリティー・プロジェクトを最近遂行した情報セキュリティー会社である Narf Industries, LLC. を基盤としてこの会社を立ち上げました。 PolySwarm の諮問委員会には、元 McAfee 最高情報責任者マーク・トネセン、著名な情報セキュリティー/ブロックチェーンの専門家であるダン・グイド、クリス・イーグル、セルゲイ・ブラタス、カール・ホフマンが名を連ねています 。

PolySwarm マーケットは ERC20 互換のユーティリティー・トークンである Nectar (「NCT」) に基づいて運用されます。これにより、PolySwarm マーケット上での潜在的な脅威の提出や分類が容易になります。 Nectar は、従来型の時代遅れのウイルス対策や脅威をスキャニングするサブスクリプションに対する支払いに取って代わります。 Nectar トークン販売は、2018 年 2 月 20 日に開始されます。

PolySwarm について PolySwarm は、競ってユーザーを保護しようとするマルウェア対策エンジンをセキュリティー専門家が構築できるようにする世界初の分散型マーケットプレイスです。 PolySwarm は、情報セキュリティー専門家のグローバル・コミュニティーにインセンティブを提供して、85 億ドル規模のサイバー脅威インテリジェンス業界を再構築しています。これにより、比類のない脅威検出の速度と精度が企業や消費者にもたらされます。 PolySwarm マーケットは、ERC20 互換のユーティリティー・トークンである Nectar (NCT) に基づいて運用されます。 詳細については、polyswarm.io をご覧ください。

報道関係連絡先
[email protected]

close